読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりの道標

結婚できないひとり専門家、ひとり力を高めよう

テレビビト

クレーマー、クレーマー 小さな正義が牙を剥く

世はまさに大クレーム時代。そりゃね、クレームのひとつやふたつ経験はありますが、サービス、商品、人など、気に入らなければ直ちにクレーム。最近ではテレビ番組「明日ママがいない」がスポンサーへのクレームで話題ですが、CMが流れないという珍しい放送…

タモリの限界 テレビに未来を業界人ではない素人が語る

笑っていいともが来年3月で終わるそうですね。楽しくなければテレビじゃないなんて時代がありましたが、さて、テレビで活躍する芸能人の方々は、テレビの先を考えているのでろうか? 音楽はインターネットに辿り着いた。テレビ番組は何処を目指すのか? タモリ…

安堂ロイドが維納(ウィーン)ドウズだったら、視聴率は高いのか?

13年秋冬ドラマの注目は、リーガル・ハイと安堂ロイドだったに違いありません。それぞれ初回に平均視聴率21.2%と19.2%と期待を裏切らなかったが、2回目は大幅ダウンという結果は視聴者には無関係。面白いものを作れば観てやるよという挑戦状なのだ。 安堂…

半沢直樹と情状酌量

テレビ業界の人はとてもヒットしているものに敏感。テレビで事あるごとに倍返しという言葉を聞くようになったのですが、痛快とかスッキリすると評判の半沢直樹、じつはスッキリしないのは制作側だというジレンマ。 痛快!半沢直樹 倍返しに10倍返し。現代に蘇…

鴨、京都へ行く。名脇役の誕生を待ち焦がれる

自動車の購入基準のひとつが低燃費と持てはやされる今、テレビ番組の視聴基準は視聴率?何故か低視聴率番組に市民権がないのです。「ガリレオ」は優れ「鴨、京都へ行く。」は劣っているの? 鴨、京都へ行く。久しぶりの旅館系ドラマの視聴率 鴨、京都へ行く。…

南の国からじゃ無理なの? 北の国から再放送で考えた暑い夏の舞台はどこ?

北の国からシリーズが、BSフジで激しく再放送されています。今年1月再放送された連続ドラマ「北の国から」ですが、5月15日から再びということで少々過剰再放送気味!?こここはひとつ何故、南の国からの需要がないのか?でを検証し、北の国からの魅力を引き出し…

火野正平 こころ旅シーズン3始まる

火野正平さんのこころ旅が帰って来ました。シーズン3の称号は密かな流行りで人気番組の証。この土日で鹿児島の旅を満喫しましたが、流石に彼を擬音の貴公子と呼ぶしかないでしょ? 火野正平、こころ旅で擬音を効果的に生み出す 擬音を自在に操るあの人が帰っ…

ドラマ最終話視聴率低迷 テレビの終焉は久米宏からはじまったという仮説

料理好きとしてはまずまず面白かった江口洋介主演のdinner。それでも視聴率的には低迷し最終回は8.5%だったようです。月9と言えば我々世代には黄金伝説。TVタックル推しの私には関係ないのですが、ビブリア古書堂のなんとかの最終回が8.1%と、ドラマ視聴率…

純と愛 まさかの展開!テレビ番組と時間のミスマッチに負けないものはあるか?

良いことなんて少ないのが人生ですか? 純と愛を観ているとまさにその通りの展開で、来週は主人公の愛がまさかの事態・・・なんですかね。しかし、不幸がこうも重なると観ている方も憂鬱になる。純と愛は連続テレビ小説として、朝の時間帯の放送が分相応だっ…

dinnerを観てなんだけど・・・イタリアンシェフになりたい!そんな人がいてもいいと思うの

テレビ番組を観て、自分の進路を決めたり将来を夢みてもいいよね。 将来何になりたいか?テレビ番組に影響された将来ってどうだろう。例えば、dinnerを観てイタリアンシェフになりたいと思っても、それはそれでひとつのキッカケであり、結局夢なんてチャンス…

なぜ旅系ドラマの主人公はお節介なの?

テレビがツマラナクなったよね。 季節の挨拶よりも頻繁に使われている!?日常的な話題の中心であったテレビが瀕死の重体らしい。勝利至上主義ならぬ視聴率至上主義の果てに、テレビは誰も観なくなる方向で進んでいる。僅か数年前に地デジ化で買い替え需要を満…