読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりの道標

結婚できないひとり専門家、ひとり力を高めよう

加藤貴子の結婚から学ぶ、本物のいいね!とは

 加藤貴子さんといえば、私のような凡人と違い結婚しない不思議がありました。仕事の顔しか知らないわけですが、この度ご結婚されたそうでおめでとうございます。

世代が同じだと話題が同じになる幸せ

結婚していても不思議ではないという独身の人は沢山います。庶民はともかく芸能人には後期の眼差しが向けられますが、加藤貴子さんもそのひとりだったように思います。

彼女の出世作は「温泉へ行こう!」であり、長いシリーズだったことからファンも多いと思います。なんかね、演じてるとは判っていても応援したくなる人だったのが、薫であり加藤貴子さん。 

いつだったかBSでの再放送を観たことがありますが、テレビの画面が4:3なのが、なんとも言えない時代を感じるのです。

歳の差カップルにはあり得ない共有のセンス

この番組では、神保悟志さんと鮎ゆうきさんのカップルが誕生しましたが、温泉へ行こう!の後も女優として活躍していた加藤貴子さんは、仕事一筋じゃないのにそうみえましたね。

不思議なもので、年をとると人って変わるんですよね。食べ物の好みであったり、人付き合いであったり。勿論、いろいろな経験値が上がったからに他なりませんが、時たま素の自分が現れる時は、苛ついてる時が多い(笑)。

最近、家庭菜園が面白い

ひとり者で家庭菜園に興味ある人も少なかろう。いまだに蝶々の幼虫とかね毛虫とかね、最近では蝉さえも何だか怖い。それでも冬はイチゴを無性に育てたくなったり、夏は夏野菜を色々ね、夏野菜パスタのために育てるとか。

NHKで「野菜の時間」という番組があります。これに今年から加藤貴子さんが参加してるんですね。なんで薫女将が野菜作るの?って思ったけれど、多分、家庭菜園に全く興味がなければ、番組も知らないし当然出演も知らないわけです。

コレは多分、年をとった効果なのだと思います。そして、この絶妙な共有感こそ、Facebookその他のSNSでは味わえない、本物の共有、いいね!なんです。

本当の共有に年齢は関係ないのかもしれませんが、絶妙のいいね!って年齢によるものと、人間としての共振とがあると思うんです。でも、なんらかの行動なしにはありえない絶妙のいいね!

共感する人はどこかにいる?いや、探せ探せ!

欲しいものは探せなんです。見つからなくても探すしかない。本当に欲しいのかどうかは、他人には分からない。

加藤貴子さんの結婚はなんだか嬉しかった。知らない人ですけどね。いや、薫女将に性格そっくりな人もA型だったから。妙に似ている人は気になるものだ。

愛の劇場 温泉へ行こう DVD-BOX 1

愛の劇場 温泉へ行こう DVD-BOX 1